ぎっくり腰について

腰痛には、「急性腰痛」・「慢性腰痛」の2つがあります。

原因としては疲労運動不足冷え姿勢の悪さのかたさなどが主にあげられます。

仕事や部活、家事、など日々の動作が身体に負担をかけ、それが蓄積されることによってぎっくり腰になる人が多いです。

ぎっくり腰にならないためには、筋肉の硬さや背中の歪みなどをいい状態に保つことにより予防されます。

当院ではそれらの予防だけではなく、姿勢をよくするためのトレーニングや筋膜に対してのアプローチを行います。

また、ぎっくり腰になってしまった患者様には急性外傷に長けているハイボルテージ治療器テープコルセットなどを使い腰への負担を軽減させます。

痛みの改善、今日からの予防にいかがでしょうか?いつでもお待ちしております!!

 

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

検索


アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

整骨院 ホームページ制作